12. 5月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

FH064_L
排泄の自立は生活の基本で、人間の尊厳にかかわる大事なことです。いつまでも自立できるように手すりが取りつけられるスペースを確保し、使いやすい機器を設置しましょう。また、たとえ介助を受けるようになっても、できるだけトイレを利用できるよう、ケアルームとして使うことが想定される部屋に隣接して設けましょう。
配置は寝室の近く、ケアルームには隣接して
トイレはだれでも毎日、頻繁に使う場所です。高齢になると男女とも頻尿になり、使用する回数が増えます。また尿意を感じてから長時間がまんすることが難しいだけでなく、脱衣から着衣まで時間がかかるようになります。トイレが間に合わず、家族に迷惑をかけるからといって施設へ入所する人もいるほどです。こうしたことから、トイレに行きたいと思ったらすぐに行けるよう配置しておくことが大切です。特に、寝室をそのままケアルームとする場合には必ず隣接させましょう。ほかの部屋をケアルームと想定しているなら、その部屋に隣接させます。あらかじめ、部屋から直接トイレに行けるようにするか、必要になってから改造できる計画にしておくことも考えられます。どちらにしても、トイレの位置には十分気をつけてください。高齢期の住まいの最も重要なポイントです。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、家 高く売る ←こちらのサイトからたくさん見られます。
スペース
足腰が弱くなると、便器に腰かけたり立ち上がったりといった動作力靴し〈なります。そうなったときに手すりがつけられるスペースにしましょう。できれば歩行器を使う場合や、ちょっとした介助が必要になったときにも対応できるゆとりがあると安心です。始めからトイレのスペースを十分取れない場合でも、洗面・脱衣所に隣接させ、後から間仕切りを取って広げるように計画する方法もあります。車椅子などを使う場合は、相当広いスペースが必要なので、こうした方法で対応します。

Comments closed.