12. 5月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

FH063_L
洗面台回り
不動産に関しては、政府の動向にもチェックが必要です。←こちらから不動産知識を養いましょう。
カウンター式洗面台
椅子に座って身づくろいや洗面ができるよう、洗面台の下力逵いているカウンター式タイプなら、車椅子でも使用できます。ふだんは脱衣かごなどの収納スペースとしても使えるので、無駄にはなりません。
排水トラップの位置
床から立ち上がっているものは、膝が入らない場合もあるので注意しましょう。
洗面台の形
体が安定して使えるように、内側に曲面を取ったものや直線タイプのものがよいでしょう。移動するときは手すり代わりに使うこともあります。しっかり取りつけておきましょう。
鏡の位置
椅子に座った状態でも立った状態でも見えるように、長めのものを設糧しましょう。
洗面台の高さ
洗面、手洗いなどの動作がしやすいように、自分に合わせた高さを選びましょう。
コンセントやスイッチの位置
手元で操作できる使いやすいものにしましょう。
収納
タオルや小物を入れる収納棚は、簡単に出し入れできる扉のないものにすると便利です。手の届く範囲に設置します。
水栓金具
水栓金具は簡単で楽に操作できるシングルレバー式混合水栓が便利です。サーモスタットつきならお湯の温度も一定するので安心です。引き出すとハンドシャワーになるタイプもあります。

Comments closed.