07. 5月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

FH055_L
年とともに家で過ごす時間が長くなります。自由な時間を楽しく過ごすプライベートな空間として、夫婦別々の個室を希望する人も多くなったようです。個室は趣味の部屋、書斎、寝室として自由に使うことができます。状況の変化に対応できるような配慮をしておきましょう。なお身体機首助震えてきたときでも住み慣れた家で、普通に生活を続けられるよう、1部屋は必ずケアルームに使える広さや位置として計画しましょう。
家具の固定方法について、改めて点検してみましょう。←こちらのサイトからたくさんの間取りや構造などを見られます。
配置
個室は趣味の部屋として使う場合や寝室、ケアルームとして使う場合など様々に考えられます。ケアルームとして使う部屋は長い時間を過ごすことになるので、日当たりのよい、気持ちのよい位篭にしましょう。このような条件で個室が2階のときは、トイレ・洗面は同じフロアに取り、階下への移動方法をあらかじめ考えておいてください。緊急時の避測鵬としてバルコニーの設置にも酉砿しましょう。また、これからは24時間ホームヘルプサーピスを利用することも考えられます。ほかの家族の就寝を妨げない位置にケアルームを取るといった配慮も必要になるかもしれません。二世帯住宅などで、一緒に生活する家族数が多い場合は気をつけてください。何度もふれたように、年をとるとトイレが近くなり、夜間の利用が多くなってきます。寝室やケアルームとして使う部屋は、トイレに、できれば浴室にも隣接して配置したいものです。ケアルームとして使う予定の部屋に隣接してトイレを配置できないときは、必要になったとき直接トイレに行けるよう、納戸などの収納部分を後からトイレに変更することが考えられます。この場合は、あらかじめ配管しておきましょう。

Comments closed.